Oh! Obligation.com

このホームぺージが多重債務に悩んでいる方々の『人生の再スタート』へのステップとなりましたら幸いです。

ホーム

多重債務でお悩みの方へ

債務整理のすすめ

あなたは今、多重債務(借金)でつらい思いをしているのではないですか?

このサイトの目的は、あなたが今の暗闇の状況から抜け出し、人生の再スタートをきる後押しをすることです。勇気を出して、借金を整理しましょう。
このサイトでは、自己破産による債務整理の方法をご紹介しています。あなたが少しの勇気を持つことで、自分の人生を変えることができますよ。 自分の力で、人生を再スタートするきっかけをつかみ、穏やかな日常生活を取り戻しましょう。はじめの一歩を踏み出せば、きっと今までとは違う人生が開けてくるはずです。後、多重債務で気を付けたいのが過払いです。過払いをしてしまったら過払い請求をしましょう。

自己破産による借金返済、債務整理が必要な方

■ 借金総額に対して、全く返済が不能な方
借金が多くなりすぎて、返済が追いつかない、又は定期収入が無くて、そもそも返済ができないなど(利息カットなどの手法を執っても)借金の完済の見込みが無い方の場合は自己破産による債務整理が必要です。

■ 目ぼしい財産が無い方
自己破産のデメリットの1つに、主だった財産が全て売却される点が挙げられます。(財産を売却して少しでも借金返済に充当する為です) 特に車や住宅などがあり、それを売却したくない人には自己破産は向きませんが、そういった財産が無い場合で、利息カットをしても借金完済が不可な方の場合は自己破産による債務整理が必要です。

■ 借金先が多すぎる方
仮に安定的な収入があったとしても、借入先が多くなりすぎて、借金の返済分としては追いつかない場合や、利息分を免除されたとしても元本すら返済しきれない方の場合なども自己破産による債務整理を検討する必要があります。

■ 金銭を扱う仕事に従事していない方
財産売却以外にも、自己破産時のデメリットとして一定の職業への就業制限が挙げられます。自己破産者に金銭を扱う仕事をさせてはいけないと言う趣旨から、以下の職種に就くことが出来なくなってしまいます。

・公認会計士、税理士、司法書士、弁護士等の法律専門職
・警備員
・遺言執行人、代理人、各後見人
・生命保険募集員
・損害保険募集員
・会社の取締役、監査役

これらの職に就いていなければ自己破産による債務整理を検討した方が良いでしょう。

recommend

おいしいお米のご紹介

神戸、兵庫でケータリング|【パーティークラフト】

沖縄での体験ダイビングの決定版!充実の内容となっとくのプライス!! 沖縄体験ダイビング・青の洞窟シュノーケルは沖縄・恩納村の専門店Blue-Poem。

体験ダイビング&青の洞窟シュノーケル | Blue-Poem沖縄

新橋の美味しい居酒屋

北海道のお土産サイト

| 債務整理とは | 自己破産とは自己破産手続専門家に相談 | 自己破産Q&A他の債務整理借金の法律
当サイトはリンクフリーです。 リンクの際は右のバナーをお使い下さい→ Oh! Obligation.com

Copyright(c)2008 Oh! Obligation.com. All rights reserved.